内定と内々定について

内定と内々定について

内定と内々定の違い

学生の方は、内定と内々定の違いをしっかりと理解されているでしょうか?
どちらも同じようなものと理解されている方も多いと思います。

が、これらは明確に異なるものなので、その違いを理解しておきましょう。

まず、経団連のルールとして、内定は10月1日以降に出さなければならないとなっています。
内定が出れば、学生は企業と正式に労働契約を結ぶことになるので、簡単に辞退を出来なくなります。

日本企業の場合、多くが経団連に属しているので、ほぼこのルールで採用活動が行われると考えて下さい。

ただ、10月以前でも、「10月になれば正式な内定を出す」という約束をすることができます。
これが内々定で、まだ企業と正式に労働契約を結ぶわけではありません。

その為、学生側は内々定の時点あれば辞退もしやすいです。
※辞退をする場合には社会人になる人間として、マナーは守るようにしましょう。

もちろん、企業側も内々定を取り消すことができます。
ただ、社会的なイメージもあるので、企業側から一方的に内々定を取り消すことは少ないです。

内定後の辞退はできる?

企業から内定が出た後、正式に労働契約を結ぶと、学生側にも法的拘束力が出てきます。
その為、一方的に「やっぱり入社するのを止めます」はマナーとしては通用しません。

ただ、民法に「労働者側から2週間前に申し出れば労働契約を解約できる」と定められているので、辞退することはできます。

その為、後から別の企業から内定をもらってそちらへ行くということも可能ではあります。

ただ、マナーとして内定辞退をする場合には、相手側の企業にもきちんとお断りの電話をするようにしましょう。

企業の採用担当者も長い時間をかけて採用活動を行っているので、急に内定辞意をされると文句を言われる方もいます。
が、そこは辞退する側として相手の気持ちも察して、受け流すくらいの度量は持ち合わせるようにしましょう。

企業側からの内定取り消しはある?

企業側から内定を取り消すというのはかなりハードルが高いです。

ただ、
・大学を卒業できなかった
・病気など何かしらの理由で働けなくなった
・犯罪を犯した
などということが無ければ、企業側から内定を取り消すことはほぼないです。

一番多いのは大学を卒業できなかったパターンでの内定取り消しなので、単位を落とすようなことだけは決してしないように気を付けましょう。

とはいえ、天災や大不況で企業側の業績が著しく悪化した場合には、新卒者を抱えきれなくなるので、やむなく内定を取り消されてしまうこともあり得なくはないです。

その場合には、各都道府県に設置されている労働局や弁護士など、専門家に相談するようにしましょう。
また、そういった場合に備えて、企業側から送られてきたメールや文書などは全て残しておくようにして下さい。

面接では「質問リスト」が大切です!

採用試験では必ず人事担当者との面接が行われます。

また、会社によっては希望している職種の現場責任者との面接も行われます。
就職希望者の能力を図るために、実際に現場で働いている責任者との面接が行われるのは当然です。

その為、面接ではコミュニケーション能力だけでなく、技術力や経験などもしっかりと問われることが多いです。
もちろん、新卒であれば技術力や経験ではなく、その現場でやっていけるだけかの素養などを見られます。

それで、面接官は多くの人材を見てきた採用のプロでもあるので、面接を突破するのは簡単ではありません。
特に人気の企業の場合にはライバルも多くなるので、しっかりと準備をしておく必要があります。

で、まず面接対策としてやっておいた方がいいのが、「質問リスト」の作成です。

「質問リスト」というのは、面接でよく聞かれる質問を洗い出してリスト化したものです。
何も準備せずに面接に臨んでも、ほとんどの人は質問に対して上手く返せずにしどろもどろになります。

詰まらずに返答できたとしても、無難な回答をしたりと面接官の印象に残らない可能性も高くなります。

そうならない為にも、「質問リスト」とそれに対する「回答」をセットで用意しておくことが大切です。

また、面接では「見た目」や「話し方」の印象も大切です。

「見た目」というのは、清潔感が重要です。
髪の毛がぼさぼさ、髭が伸びている、シャツがよれよれ、だったりすると、相手からの印象も悪くなります。
本当は能力だけで採用されるというのがいいのですが、やはり面接官も人間なので、人に与える「見た目」の印象にも気を使いましょう。

もちろん表情も大切です。
自身なさげな表情は絶対にNGで、不自然にならない程度の笑顔が大切です。
話す内容によっても表情を変えた方がいいですが、強張らないように鏡の前で練習しておくこともおすすめです。

「話し方」にも気を付けて下さい。
早くにならないようにして、自信を持ってハキハキと話すことがとても大切で、下を向いて話したり、口の中で声がこもったりしないようにして下さい。
これだけでも面接官の印象はかなり良くなります。

それと、専門用語を使って話すのも極力避けた方がいいです。
面接官も分かるようにかみ砕いた言い方が大切になる場合もあるので、気を付けて下さい。